« 2006年の反省・・・とぼやいてみる。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

みえない雲

2006年度、映画〆してきました。本年度の〆は、ドイツ映画「みえない雲」です。

チェルノブイリの原発事故から20年目という節目にあわせての公開です。正直、もう20年も経つんだ…という印象です。

ドイツの片田舎の美しい街に、母親と幼い弟と3人で住んでいる高校生ハンナ(パウラ・カレンベルク)。
ある日、授業中に指名され答えられず、困っているハンナを助けたのは、クラスでも一風変わった、お金持ちの息子エルマー(フランツ・ディンダ)だった。
そんな事から、エルマーを意識するようになり、やがて二人は恋に落ちる。

二人が、お互いの気持ちを確かめあった時、鳴り響いたのは近郊の原発の避難警報だった…

パニックになる街。

「迎えに行く」というエルマーの言葉を信じて、幼い弟と家で待つハンナ達に、放射能を浴びた黒い雲は、刻一刻と、迫ってくるのだった…

最初に出てくる美しい湖や、絵本のように可愛い街が、原発事故によってかわる様は、背筋が寒くなりました…Mo4768

日本にはドイツの3倍もの原発があります。だから、この話は物語ではなく、現実になるリアリティが、すごくあります。

原発が無ければ、現在の日本の電力を動かす力はないのかもしれないけど、本当に怖いです。

パニックになった中で、訪れる悲劇。見ていて辛かったです…

でも、この映画は辛さや怖さを訴えながらも、根底には「人間の生きる力の強さ」を描いていたと思います。

例え、どんな状況になろうと「生きる」という思いは何事にも代えがたいものという事…

そして、それは何にも勝る「希望」になるんだと、強く感じました。

と、同時に自分が、ただ助かればいいと思うのも人間なんだ、という事も見せつけられました。

ハンナ役のパウラ・カレンベルクは、チェルノブイリ事故の年に生まれたそうです。

最初、被爆したミルクや食べ物を口にしてはいけないという事は、市民には伝わらず、それを知らない人々が口にした為に、多くの子供達が体に障害を持って生まれることになってしまったそうです。

ハンナもまた、2次被爆の被害者で肺が片方しかないそうです…(スクリーンでの彼女からは、そんな事、全く感じませんが…)

映画館を出ると、20年経った今もチェルノブイリ事故で被爆した人々を撮り続けている広河隆一さんのパネル展をやっていましたが、それを見て、未だ癒えぬ傷痕に涙が出そうになりました。

チェルノブイリ事故は、私達の記憶からは、言われなければ普段、思い返す事もなくなりつつあります。

もっと身近な事を言えば、日本は唯一の被爆国ですが、高校生の広島・長崎の原爆投下の年月日の、解答率がグッと下がって、今年全体の3割を切ったそうです。

忘れてはいけない事、伝えていかなくてはいけない事が、あるという事を今年最後の映画から、改めて学びました。1001423_02

それから、ハンナの弟役、ウリを演じたハンス=ラウリン・バイヤーリンクくん!もんのすご~く、可愛いです!!!こんな弟?子供?欲しいっ!本当に、可愛かったです!

あとエルマー役のフランツ・ディンダだけど、某サイトでは、もうちょっとイイ男はいなかったのか?など書き込まれているのを見てたんだけど、実際、私は全然OKだと思いました~ちょっとだけ、ちょっとだけよ、キアヌ・リーブスっぽくも見えたりして・・・

星は★★★★★。星5つ!こういう映画って、全国ロードショーにならないケド、こういう映画こそ、多くの人に見てもらって考えてほしいなぁ…

説教じみたコメントになってしまいましたが、最後に監督からの言葉を・・・

「被爆国でありながら、これだけ狭い土地に原発をたくさん作るのは矛盾していると思う。この映画を見て、自分たちがどんな状況にあるのか意識してもらえれば」

今年の〆に、相応しい一本でした。

みなさん、よいお年をお迎えください。

|

« 2006年の反省・・・とぼやいてみる。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画をみて現実と向き合わなければならないのでしょうね。
原発に代わるエネルギー開発が推進される事を願います。
電気が何不自由なく使用できるありがたみにも感謝です。

投稿: ひろっち☆ | 2006年12月31日 (日) 08時26分

ひなのさんの文章を読んで
ジ~ン・・・
監督さんの言葉にも重みがありました。

忘れてはいけない事
これからの世代にも忘れては欲しくない事ですね。

今年1年ありがとうございましたっ
また来年も宜しくお願いします!

投稿: ジャイ子 | 2006年12月31日 (日) 10時12分

★ひろっちさん

あけましておめでとうございます。
ひろっちさん「プラダを着た悪魔」3回も見たんですか?!すごーい。でも、あの映画は、本当にかわいくて私も大好きです。
何回も見ると、気づかなかった点とかにも気づいたりして楽しいですよね。
「みえない雲」は、ひろっちさん好みじゃない、悲しい部分のある話だけど、悲観的だけではないので、もし良かったらオススメです。

★ジャイ子さん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね。
そうですね。限りある資源ですから、個人で出来る限りの節電とかには気を配りたいモノです。
本当に、原発の事故が起きたら、映画の比じゃないパニックになると思うと、本当に怖いです。
見えない恐怖ほど怖いモノはないですね。

投稿: ひなの | 2007年1月 1日 (月) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2006年の反省・・・とぼやいてみる。 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »